意外に知らないことは多いもの

 先日、ご新規のある患者さんが、スクーターでご来院になりました。首のこりとストレートネック、肩こり、腰痛、骨盤の歪みなどを訴えておられました。いろいろとお話しをうかがいながら、施術はスムーズにすすみ、骨盤の歪みを解消し、身体を整え、頚椎のズレなども取り除き、術後はたいへん楽になられたご様子でした。  新規の方なので、少し術後の説明の時間がかかり、次のご予約の方を少しお待たせしてしまったのですが、何とか次の方にご迷惑をかけない程度の時間に、お見送りすることができました。お見送りといっても、玄関を出たところまでで、すぐに次の患者さんの用意に取りかかり、施術に入りました。  しばらくして、玄関がカチャッと開き、先ほどの患者さんが困った顔で、「すみませーん・・・」 と声をかけてきたのです。「どうしたんですか?スクーターのエンジン掛からないんですか?」 と聞いたところ、「いえ、エンジンは何とか掛かったんですが、走り出そうとしたら、センタースタンドが下りないんです!助けてください。」 とのこと。今施術中の患者さんに許しを得て、いったん、外へ。私が押しても、やはりセンタースタンドは下りません。どうやらロックが掛かってしまったようなのです。  センタースタンドにロックがかかるバイクがあるなんて、まったく知らなかったので、なぜスタンドが下りないのか理由が分からず、あまり時間も掛けられないので、自分のスクーターのメンテナンスをしてもらっているバイク店に電話をして聞いてみました。  すると、あっさり、「昔のスクーターにはメットイン(シート下のヘルメット収納)の鍵のところで、スタンドロックを掛けるものがあるよ。」 と即答していただきました。試しにメットインの方の鍵穴にキーを差し込んで反対方向に回してみると、回るではありませんか!指摘どおり、それでロックは解除され、患者さんは無事、帰ることができました。  5分くらい、今の患者さんを施術ベッドで待たせてしまったので、丁寧にお詫びをし、少し終わりの時間が延びていいか確認してから、10分ほど無料で延長させていただきました。施術中、患者さんに、ことの顛末を話すと、「どうしてさっきの方は、自分のスクーターなのにスタンドロックのことを知らなかったの?」 と聞かれ、自分もそう言われてみればそうだな~といっしょに不思議に思いました。きっと、今まで一度も使ったことのない、必要のない機能だったのでしょう。今のスクーターにもほとんどついていませんし。  それにしても、知っているのと知らないのでは大違いですね。今回はいい勉強になりました。知っていれば何てことないことも、知らないままでは、スクーターを動かすことすらできません。バイクは、もう25年くらい乗っていますし、たいていの会話で使われる雑学や一般常識程度は把握しているつもりでも、こんな簡単なことすら知らない自分にあらためて驚きました。  人間って、意外と知らないこと多いんですね・・・何事も勉強!勉強!
~〈整体師の味方コメント〉~
 整体師側としては、すでに知っていて常識みたいになっていても、患者さん側からすれば、まったく頭になかったこともあります。アドバイスをする時に、自分の常識を前提に話を始めてしまうと、患者さんには通じず、場合によっては不快に思われたりします。気をつけましょう。 ========================= 《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》 『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが ございましたら、お気軽にお知らせください。 http://www.mag2.com/m/0001002720.html   これからもどうぞよろしくお願いいたします。   =========================
2022年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031