ポジティブなPK戦にしてみたらどうか○

 サッカーワールドカップの準々決勝が始まりましたね。それにしても、さすがベスト8、錚々たる顔ぶれですね。ここに日本が入っていたかもしれないと思うと、あたらめて口惜しさがこみ上げてきます。

 でも、ワールドカップが始まる前の状況、前評判を考えたら、強豪相手に2勝もして、グループリーグを突破したことだけで、もう十分満足なはずなんですけどね。

 十分・まだやれた・満足・口惜しい・おめでとう・残念だ・いろんな気持ちがまだ、行ったり来たりしています。とりあえず、4年後のW杯まで、ベスト4は取って置くことにしましょう。

 日本は惜しくも、トーナメント1回戦でパラグアイに、PK戦で負けたわけですが、私は延長で引き分けた場合にPK戦で勝敗を決すること自体は致し方ないと思っています。しかし、現行にPK戦にやり方には反対です。それは、ゴールを決めた者より、外した者に注目が集まるネガティブなものになっているからです。

 サッカーは他のスポーツよりも点数が入りにくい分、ゴールを決めた者がその試合のヒーローになります。しかし、PK戦では、本戦とは逆に、ゴールを決めやすい状況設定のため、外した者に責任が重くのしかかってしまいます。これでは、勝った方も負けた方もすっきりしません。ネガティブなイメージがずっと残ってしまいます。だから、思い切ってこれを変えることを提案します。

 別にペナルティマークの位置から蹴らなくてもいいと思います。ペナルティエリアラインの位置から蹴るとか、あるいはもっと後ろから蹴るとか、とにかく5人のうち1人決まるか決まらないかくらいの難しさにしておいて、PK戦(←するとこれも名称が変わりますね。)ゴールを決めた者がヒーローになるようにすべきだと思います。

 ここで、「それでは、今度は、ゴールを許したキーパーに重い責任が来るのでは?」という意見が出ると思います。しかし、もともと本戦内で、シュートを防げなかったからと言って、敗因をキーパーだけに押しつけていませんよね。それよりもゴールを決めた方を褒めたたえていると思います。それに、5本中、4本を守っていれば、1本を決められてもキーパーを責められないでしょう。

 ちょうど、たった今、オランダとブラジルの準決勝進出を掛けた死闘が終わりました。2-1でオランダが勝ちました。こんなすごいチームを日本の守備陣は1点に押さえたんですよね。そんな日本は、本当にベスト8に進む実力があったのだと思います。引き分けからPK戦で勝敗を決しなくてはいけない状況で、どのチームもすっきり勝敗を受けられるように、日本が、4年後、こんな口惜しさを味あわないように、ポジティブなPK戦に変えていってもらえたらと切に願います。 

 

〈整体師の味方コメント〉

 相手に、本気で相手してもらいたかったら、それだけの実力を身につけましょう。たとえその結果が、負けであっても、その負けは次の勝ちにつながる、とても貴重な経験です。 

=========================

《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》

『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが ございましたら、お気軽にお知らせください。 http://www.mag2.com/m/0001002720.html   

これからもどうぞよろしくお願いいたします。  

=========================

 

2021年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031