生活音○

 仕事が遅くなると帰宅時には子供たちはすでに寝ています。寝ている時や、ましてこれから寝付こうとしている時など、ドアの開閉から部屋の移動、荷物の片付けなど他の部屋の音がつい気になってしまいます。ですから遅い帰りの時はできるだけ音を立てないように気をつけています。

 音を立てないコツは、モノに対して優しくなることです。もう少し付け加えれば、自分がする動作の始めと終わりにほんの少し気をつけることです。何も考えずにドアをガバッと開ける・スリッパでパタパタ歩く・荷物をドサッと置くなどは大きい音がすると同時に少しずつモノがいたんでいってるのです。それに気分も落ち着けません。モノに優しくなることで自分の中にゆとりが生まれます。周りがよく見えてきます。

 整体師の仕事は、人の身体を見て、触れる仕事です。その人全体がよく見えて、優しく触れなければいけません。生活音が大きい人は、そのままでは整体師として成功するのは難しいでしょう。でも、気をつけていれば誰でも変わることはできます。

 初めは少しわずらわしいかも知れませんが、次第にそれが普通になってきます。

2022年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031