情けは人の為ならず~ファイナライズ○

 先日、ある方が土曜日に放送された全日本選手権を見逃したというので、DVD-Rにダビングして渡してあげました。DVDハードディスクレコーダーは、まだアナログのまま買い換えていないので、映りはあまり良くないのですが、それでも喜んでいただきました。

 実は、今回はじめてハードに録画しておいたのを自分で、DVDにダビングしてみたのです。今まではとくに必要性がなかったので、したことがなかったのです。ダビングした後、一応きちんとできたかどうか、パソコンで再生したのですが、なんと再生できませんでした。調べてみると、『ファイナライズ』というものをしていなかったのです。

 ビデオモードで記録したものは、その機器でないと再生できず、他の機器で再生したければ、『ファイナライズ』という加工をしないといけないのです。まあ、おそらくこのブログを読んでいる大半の方はご存知なのでしょうが、私にとっては「まさかそんな工程が必要だとは!」と驚きでした。ホント、人に渡す前に気づいてよかったです。

 ファイナライズ加工終了後、もう一度パソコンで、再生を確認して、翌日無事DVDを渡すことができました。

 今回の件では、ダビングし終わったDVDはファイナライズして保存すべきということを教わりました。もしこれを知らないまま、ハードに録り溜めした番組をDVDにダビングし、機器を買い替えていたら、そのDVDは一生観られないままになっているところでした。まさに『情けが自分の為に返ってきた瞬間』でした。ちなみに、このファイナライズ、文字通り「ファイナル化する」つまり「この状態で記録を終了する」ということですから、ファイナライズ後は、DVDに容量が余っていても書き足せないのだそうです。実行の際には、お気をつけを。

 ちょっとした親切は、多少手間でもやってあげておいた方が、いずれは自分の為になります。

 

〈整体師の味方コメント〉

 整体院という場は、患者さんの為にある ⇒ 結局は自分の為にあるということにつながるのですから、これでいいんです。  

 

=========================

《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》

『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが ございましたら、お気軽にお知らせください。 http://www.mag2.com/m/0001002720.html   

これからもどうぞよろしくお願いいたします。  

=========================

 

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031