日本人なら日本の味方しようよ○

石原知事「東京が尖閣守る、文句ありますか」(2012年4月17日 読売新聞)

 【ワシントン=中島健太郎】東京都の石原慎太郎知事は16日午後(日本時間17日未明)、米ワシントンで講演し、日本の固有の領土で中国や台湾が領有権を主張する尖閣諸島(沖縄県石垣市)の一部を都が買い取る意向を表明した。

 すでに島を所有する埼玉県の男性の同意を得ており、今年中の取得を目指すという。

 都が買い取りを検討しているのは、尖閣諸島で最大の魚釣島と北小島、南小島の3島で、将来的には男性の親族が所有する久場(くば)島の取得も目指す。

 知事は講演で、「尖閣諸島は日本の固有の領土で、沖縄返還の時に帰ってきた。(中国が)俺たちのものだと言い出した。とんでもない話だ」と中国側の領有権主張をけん制した。

 その上で「本当は国が買い上げたらいいが、びくびくしてやらない」とし、「東京が尖閣諸島を守る。どこの国が嫌がろうと、日本人が日本の国土を守るため島を取得するのに何か文句がありますか」と語った。

 石原知事は講演後、報道陣に、沖縄県や石垣市に共同管理を提案する考えも示した。買い取り額については「言えない。そんなに高くはない」と述べるにとどめた。石原知事はワシントンで開かれている全米桜祭りの主催団体から招待を受け、訪米中。

~:~:~

 石原都知事のまさかの、東京都による尖閣諸島買取表明に、日本と中国の政府は思いっきり振り回されてますね。とくに日本政府のうろたえぶりは、滑稽をとおり越して、情けなくなってきます。こういう毅然とした態度を本来は国としてやるべきで、国としては都に恥をかかされた格好になりますが、ここは国益を最優先に考え、まずは石原都知事をバックアップして、中国側からの非難をはね返してほしいと思います。

 時にこういう姿勢を国の内外に示すことが、主権国家として極めて大切なのですが、どうも日本は戦後、この手のことにおっかなびっくりで、外交下手な情けない国に成り下がっています。たしかに、スーダンVS南スーダンのように一発触発の緊張状態がいいとは思いませんが、一切の対立を避けるためにいつも相手が出てきた分、下がってばかりでは、いつか日本という国が無くなってしまいます。

 それにしても、日本の政治家の中に、中国側に配慮したコメントや、世論でも石原都知事のやり方を批判する声がありますが、そういう人はなんで日本人なのに日本の味方をしないのでしょうか?物事の見方はひとつではありません。

 何事にもメリット・デメリットはあります。だからと言って、何も日本の国益に反する立場に、日本人が立つ必要ないじゃありませんか。中国人の中に、「尖閣諸島はもともと日本の物なのだから、石原氏のやりたい事も分かる」という人いると思いますか?中国人は当然、中国の味方をするでしょう。日本人は日本の味方をしていいんですよ。

 「そんなこと言ってたら戦争になる!」なんていう人もいますが、そんなことでは戦争にはなりません。反対に日本が毅然とした態度で接していたら、容易に攻め込もうなんて思いません。抑止力という意味をよく考えれば分かります。日本は島国ですから、領土問題の扱いに疎い面があります。その解決に向けて、石原都知事が一石を投じてくれました。

 まずは日本側が本当に本気になれば、納得のいく領土問題解決がきっと見えてくると思います。

 

==========================

《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》

『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが ございましたら、お気軽にお知らせください。 http://www.mag2.com/m/0001002720.html   

これからもどうぞよろしくお願いいたします。  

=========================

2022年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031