花粉症?まだギリギリセーフです○

 一昨日の日曜日の天気には驚かされましたね。午前中から暖かく、昼間に25℃を超す夏日になったかと思えば、南風のあとに、夕方から北風に変わり、雨もパラつきました。そして夜には冷え込んで寒くなってと、まるで1年を1日で体感してしまったような、ジェットコースター日和(?)でしたね。お天気のカミサマは、酔っ払っていたんでしょうか?(笑)

 とくに昼間の強い南風には参りました。患者さんの見送りに駐車場まで出た時に、煙霧をまともに浴びて、それが鼻の粘膜を刺激して、院内に入って鼻うがいをするまで、くしゃみが止まりませんでした。最近鼻がむずむずする日もあったので、今年は花粉症デビューかと思ってしまいました。昨日や今日は、外に出てもとくに感じないので、どうやらギリギリセーフみたいですね。

 くしゃみというのは、異物や身体に害を与えるであろう物は、体内に入れまいとする正常な防御反応です。ですから、黄砂や問題のPM2.5とかではないにせよ、私の身体としては、あの土ぼこりはマズイと感じたのでしょうね。

 花粉症と言えば、花粉を異物と捉え、くしゃみ、鼻水、目のかゆみ、涙などで体内に、花粉を入れまいとする過剰な防御反応(アレルギー)ですが、ちょっとの量の花粉でも反応してしまうか、ある程度の量まで大丈夫なのかは、身体の免疫機能と関係があります。つまり、免疫力をアップして、花粉症の症状を緩和させることは可能なのです。

 免疫力の向上と言うと、なんか分かったようでよく分からないと言われそうですが、すごく簡単に言ってしまえば、『健康的=免疫力が高い』ということになります。まあ、結局そこに落ち着くかみたいな感じですが、大事なことです。規則正しい生活、ストレスの発散、適切な食事の量、程度な睡眠。こういったことで、自律神経の働きを整え、腸内環境を良くしておきます。

 もちろん、忙しい毎日、そんなに健康にかまってられないよって、方が多い思いますが、『食事』『睡眠』『運動』のうち、2つは満たしておくように心掛けてください。1つでは赤信号ですよ!

 冬から春の季節の変わり目、夜、寝る間際はそんなに寒くなくてふとんを蹴飛ばしてしまって、朝になったら寝冷えで風邪引くなんてのも、この時期です。暖かくなるのはたいへん結構なのですが、気温や気圧、天候が変化しやすい分、身体がついていかず、体調を崩しやすいです。お気をつけを!

 

=========================

《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》

『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが ございましたら、お気軽にお知らせください。

http://www.mag2.com/m/0001002720.html   

これからもどうぞよろしくお願いいたします。  

=========================

2021年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031