七五三の写真撮り

 夏休みも終盤の先週、娘2人の七五三の写真を撮りにスタジオアリスに行ってきました。今回は、私の両親も一緒に写ることになりました。  平日の昼間だというのに店内は、すでに何組もの家族でごった返しています。中には、ご機嫌を損ねて泣いてしまう子も。うちの娘達は、ドレスや着物を着られるのがうれしくてしょうがないらしく、お店に入った時から終始浮かれていました。浮かれすぎて3歳の方は、撮影中も落ち着きがなく、社員さんに何回も姿勢を直されていました。  アリスの利用は2回目ですが、今回も社員さんの手際の良さと辛抱強さに驚かされました。子供しかも幼児や小学低学年が中心で(100日のお祝いの赤ちゃんも)、こちらの思ったとおりになかなか動いてくれません。しかし、予約のご家族が次々と入ってきますので、一家族にかける時間も限られてきます。それだけに、準備の手際の良さと、子供の良い写真が撮れるようなさまざまな工夫と、最高の笑顔の瞬間を待つ辛抱が必要なのだと思います。  私なら、撮るのが上手くいかないと、つい「ほらっ、ちゃんと姿勢良くして!動かないの!はいっ笑って!」と大声になって子供達をびびらせてしまい、とても笑顔を引き出すどころではないでしょう。社員さんの女性ならではの気遣いや、子供への優しい応対にはとても感心しました。  結局、お店に入ってから後にするまで3時間以上かかってしまったのですが、子供達はまだ、もっとドレスを着たいと言ってみたり、私の両親も一緒に孫達と写真に写ったり、孫の写真を選ぶことができて満足そうでした。  もし、一点注文をつけるとしたら、お得な七五三セットがあったのですが、このセットにフリーで何枚かプラスしたいと希望したら断られてしまった点でしょうか。結局、七五三セットを利用せず、通常のフリープランにしました。お得なことは、客側としては喜ばしいのですが、この場合は、記念に写真を残そうとして来ているのです。ですから、金額も重要ですが、それ以上に、「せっかくだから、満足のいくものを。」という思いが優先される傾向が強いと思います。  整体院でも、整体師養成校でも、何かキャンペーンを実行する時、ただセットにして料金を安くすれば患者さんや生徒さんが増えるとは限りません。相手の顔を思い浮かべて、どういうキャンペーンを組んだらどんな人が喜んでくれるかを考えて、十分に案を練ってください。その際、女性の意見を必ず聞くようにしてください。  ↓励みになります。1日1回のクリックおねがいしま~す[emoji:e-365] blogRanking にほんブログ村 健康ブログへ
2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031