「世にはばかれ」なかった憎まれっ子

 JBC15日、倫理委員会を開き、11日のWBCフライ級タイトルマッチで反則行為を繰り返した亀田大毅選手に「ボクシングを冒涜し、ファンの信頼を損ねた」として1年間の出場停止処分を科すことを決めた。  父親の史郎トレーナーには無期限のセコンド資格停止処分、父とともにセコンドについていた兄の亀田興毅選手は厳重戒告処分とした。  亀田大毅選手はタイトルマッチで、チャンピオンの内藤大助選手を持ち上げて投げ飛ばすなど、反則行為を繰り返した。父の史郎トレーナーはセコンドで違反行為を指示したとされる。2007/10/15【共同通信】  今回のJBCの対応は早かったですね。処分は興毅選手が出場停止処分にならなかったのを除いてほぼ予想通りの妥当なものでした。とくに大の大人であり、父親でもある史郎氏には猛省を促したいですね。人格形成中の興毅・大毅両選手はこれを機に、しっかり反省をして「真のプロ」ボクサーになってほしいと思います。  それにしても、今回の問題は、「朝青龍の仮病サッカー疑惑」の時と展開がそっくりですね。 ●中心人物(または一家)の態度・言動が傍若無人 ●それをマスコミが大きく取り上げ、人気者に(アンチも) ●業界に注目が集まり、全体が活性化 ・・・しかし、問題が起きると・・・ ●世間の非難の声が強まる ●マスコミも手のひらを返し、バッシング ●業界トップによる厳しい処分  この試合で亀田一家のしたことは、決して許されるべきことではありません。厳しく処罰されるべきことだと思います。空手道大会の試合でこのような意図的で悪質な反則がなされた場合、出場選手のみならず、所属団体の他の選手も今後一切の大会にエントリーできないでしょう。それくらいの大問題なのです。  しかし、だからといって、問題の「憎まれっ子」を世間やマスコミがそれ以前のことまで持ち出して、こぞって批判し、非難を集中させることには違和感を感じます。わがままや傲慢に見える態度・言動をマスコミは面白おかしく取り上げ、視聴率・聴取率・購買数を伸ばし、その番組やニュースに興味関心を持っていたのも世間のはず。業界トップも話題になる人物の登場を、苦笑しながらも歓迎していたのではないですか?  調子の良い時は持ち上げるだけ持ち上げておいて、態勢が悪くなると一転して叩きに回る。たしかに、悪いことをした者は悪いし、罰を受けるべき。でも、自分は平然と、とばっちりも巻き添えもくらわない安全なところにいて、一個人を責め立てるのが果たして正義なのか、疑問を感じます。  『ライフ』というドラマで、いじめグループの№1のいじめっ子がラストにいじめられる側となるシーンがありました。でも、私はそれを見て「ざまあみろ」、「すっきりする」とは思えませんでした。例えは適切かどうか分かりませんが、今の世間とマスコミを見ていると、どこかそれと似ているような気がします。 ~:~:~:~:~:~:~  患者さんに、生活習慣のアドバイスをする際に気をつけることは、正論を言い過ぎないことです。いくら正しいことでも、患者さんが「自分が責められている」と感じてしまったら、その声は相手には届きません。 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆  ↓励みになります。1日1回のクリックおねがいしま~す blogRanking にほんブログ村 健康ブログへ
2022年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031